トップページ

「ながとのかなた」プロジェクトとは

山口県長門市のアマチュア小説家、海波かなた(みなみかなた)のソロプロジェクト。

2011年に設立した若手文芸サークル「文武蘭(もんぶらん)」の一作家として、長門市を舞台にした小説を収録した文芸誌を16冊発行。「文芸活動×地域資源の発掘・発信」をテーマに掲げ、山口県・福岡県の即売会を中心に頒布する活動を展開してきました。

ながと密着型文芸誌「文武蘭」総集編vol.1(2013年制作)

メンバーの就職や大学卒業に伴い実質活動休止となった2015年以降は、執筆活動に限らず、デザインや写真撮影・動画制作などの技術を磨きながら、ソロプロジェクトの一環として地方紙「長門時事新聞」で小説の連載をスタート。2020年7月時点で累計250週、現在は10作目の作品を連載中です。

2020年に連載開始した10作目の小説「アラサータンデム」

本プロジェクトは、文芸サークル「文武蘭」設立10周年・新聞連載10作目を記念して、これまでの作品を再編集し、5年ぶりに海波かなたが文芸誌を制作するプロジェクトです。

2020年7月24日 海波かなた

新着情報

まさかの60ページ超
こんにちは、海波かなたです。 文芸誌のタイトルロゴのデザインも固まり、本格的に本文制作に突入。約40,000字の...
Kanataの「ta」
こんにちは、海波かなたです。 本文制作の息抜きのはずが、想像以上の時間を費やしてしまう表紙デザイン。当たり前です...
「やきとりのあるまち」から始めよう
こんばんは、海波かなたです。 毎年、我が家の夏といえばBBQ。…ですが、今年は庭で小さくまったりと。蝉の声を聞き...
InDesignで組んでみる
こんばんは、海波かなたです。 表紙は「マットPP」加工をかけて落ち着いた雰囲気を演出し、本文は書籍用紙として有名...
DTP3種の神器
こんばんは、海波かなたです。 文芸誌制作は、パソコン1台でデータを作り上げ、印刷所へ入稿する「DTP(デスクトッ...
A5サイズの2段組
こんばんは、海波かなたです。 昨日に続き、印刷用紙のサンプルや料金表とにらめっこをしています。 さて、今日...
クリアかマットか上質か
こんばんは、海波かなたです。 先日、Twitterで最近目にした印刷所「株式会社ポプルス」さんに資料請求をさせて...
餅は餅屋、印刷は印刷屋
こんばんは、海波かなたです。 5年前まで、私は文芸誌をすべて手作りで行っていました。 データを家庭用…とは...
キャッチコピー
こんばんは、海波かなたです。 このたび制作を進める文芸誌のタイトルは、本サイトのタイトルでもある「ながとのかなた...
あの文芸誌を、もう一度。
はじめまして。 山口県長門市という小さなまちで小説を書いています、海波かなたです。 人によっては、私が代表...

タイトルとURLをコピーしました